雲海

手荷物検査はどういうもの?

飛行機に乗る際には、手荷物検査がありますが、それ以前に飛行機に乗せられる荷物には制限があります。特に機内に持ち込む手荷物には厳しい基準がありますので、スムーズな搭乗をするためにも確認しておきましょう。

飛行機に乗せられる荷物の制限

機内へ持ち込める荷物の重量は航空会社によって決まっています。10kgまでのところもあれば、20kgまでのところもあります。となっています。通常の旅客機などは荷物の大きさの制限もあります。
もちろんこれは手荷物全般を指し、機内に持ち込むのも、荷物室に預けるのも同じです。
また、機内の混雑を緩和するためにも、機内持ち込みの荷物の個数は1個、2個と決まっています。
たくさんの袋やバッグを持って機内に入ると他のお客さんの邪魔になってしまうので、注意しましょう。
LCCで格安航空券を使って登場する場合は、この手荷物にも条件が入ることがあり、重量であったり重さがいつもより厳しく制限されていることがありますので、事前の確認を怠らないようにしましょう。
でなければ、出発直前に荷物を詰め直したり、違約金を支払うことがあります。
逆を言えば、確認がしっかりできていれば気軽に使えるという事です。

手荷物検査に間に合うようにしよう

荷物検査を受ける
格安航空券を使ったとしても、空港では搭乗前に手荷物検査があります。
この手荷物検査は、必ず行われますので15分前には並んでおくようにしましょう。
たくさんの人が並んでおり、さらに荷物検査で詰まっているという状況になれば、飛行機の出発を少しずらしてくれますので、心配せずに並んでおきましょう。
手荷物検査では、機内に持ち込む荷物を全てチェックされます。
金属探知機を使用してのチェックで引っかかる人も多いでしょう。機内には、ナイフやハサミなどの刃物、ライターなどの危険物を持ち込むことはできません。
また、パソコンもX線を通してチェックしなければいけません。これはテロなどの可能性を考慮してのことですので、安全に搭乗したいのであれば従いましょう。
また、係員の人からチェックをされたところはきちんとそれに応じて、スムーズな利用を心がけましょう。
こうすることで、時間の遅れなどもなくなります。

飛行機を安全に乗るための手段

飛行機は最もテロに狙われやすい乗り物で、事故が起これば生存率も低くなります。そのためにも手荷物によって機内トラブルを起こさないように係員の支持に従って手荷物検査を行い、安全で快適な旅をするように心がけましょう。きちんとすることで、自分はもちろん他のお客さんにも快適な時間を共有することができるのです。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 目的地に応じてさまざまな選択肢。でも、国内旅行なら格安航空券! All Rights Reserved.